出産・育児

育児と仕事の両立が正直しんどい!そんな時の解決策は?

正直いうと、育児と仕事の両立に疲れている。どうにか休息したい・・・。育児と仕事のスケジュールを無理なくこなしたい。

そう思うママは多いと思います。

私も外で働いていた時、毎日そんなことを考えていました。

同じような思いを持つママ・頑張り屋さんのママに向けて、この記事を見ることで少しでも楽になって欲しいなと思ってます。

育児と仕事、両立したいけど、上手くいかない!

仕事と育児に家事と、日々増やしたくなくても増えるタスクたち。そんな生活と上手に付き合いたい。

じゃあどうすればいいの??

まず、主婦のスケジュールは、時間に個人差はありますが、大体こんな感じかなと思います。

6:00起床・朝ごはん準備
7:00旦那、子どもたち起床・朝ごはん・身支度
8:00学校へ送る/見送る
9:00就業開始
勤務
12:00−13:00休憩
勤務
17:00退勤
18:00お迎えと買出しを済ませ帰宅
19:00夕ごはん
20:00お風呂とスキンシップ、宿題をみる
21:00寝かしつけ
23:00自由時間、就寝

おそらく、どのサイトや雑誌を見ても同じようなスケジュールが書かれていると思います。

私は、このスケジュール通り毎日過ごせているのであれば、すごく理想的だなと思います。

私も3人の子供を育てていますが、上記のスケジュールのように上手くこなせないことが多いです。

どうしても夕ご飯が遅れたり、子供たちの自由な行動に振り回されたりと、お母さんは大忙し!

子どもが小さいうちは、仕事で疲れて寝かしつけの際に一緒に眠ってしまう事もよくあります。

18時以降まで就業しているのであれば、さらにずれ込みます。

その時間まで仕事をしていたら、子どものお迎えを先にしたあと買い出しなので、子連れの買出しは倍かかると考えていてもいいでしょう。

スケジュールの中に書いてはみたものの、自由時間は皆無です。

”21:00−23:00のあいだ、2時間も自由時間あるじゃん。”

『いやいや、全然ないです(泣)』

夕ご飯の片付け、洗濯、そそそも寝かしつけに30分以上かかります。

土日は子どもと、ずうっと一緒です。

そんな生活をしていると、誰でもこう思いますよね。

「頼むから、休ませてくれ」

休むことを計画する

私がよくやっていたのは、「休みを計画する」ことです。

平日お休みをとって、保育時間中にショッピングやランチなどに出かけたり、夜に友達とご飯にいく約束をするなど前もって休むことを計画をします。

平日、なかなか休めなかったので夜出かけることが多かったのですが、この少しの時間でもストレス発散はとても効果的でしたし、何より大人と他愛もない会話をすることが、とてつもなく幸せでした。

”旦那に子どもを任せておけない”と思うママも周りにも多いと思います。

しかし意外とママがいないとパパは頑張ってくれたり、スキンシップを半ば強制的に取らせることによって子どもの成長を感じてくれたり良い事もあります。

泣くのは長くても1時間くらいなので、思い切って出かけてみるのも良いですよ。

慣れてくれば子どももパパとの時間を楽しんでくれるようになります。

就業時間を見直す

子どもが生まれると、家でやることが増えこれまでの生活が一変するので、今までの就業時間では、やりたいことが出来ないな〜と感じる事も多くなります。

そこで削れるのであれば就業時間を短くするのが、手っ取り早く時間を確保でき、余裕を持って日々を過ごせる手段だと思います。

しかし就業時間の削減を考える場合は、メリットデメリットがあります。

どの働き方が自分にあっているのかなと、一度、生活スタイルや自分の気持ちと向き合うことが大事です。

メリット

  • 時間に余裕が持てるようになる。
  • 旦那の扶養に入ることができる。
  • 子どもとのスキンシップが増える。
  • 休みが取りやすい。

時間に余裕ができると自然と、子どもとのスキンシップも無理なくでき心に余裕も生まれます。

比較的休みも取りやすいので、自分の時間も確保しやすいです。

また、年間所得が130万以内であれば、社会保険で扶養に入る事も可能なので、控除される額が減り働いた分のほとんどを、手取りで受け取ることができます。

デメリット

  • 認可保育園だと点数が減る。
  • ボーナスや退職金がもらえない。
  • キャリアアップが難しい。
  • 正社員と比べ、福利が不十分な場合が多い。
  • 給料が安定しない。

就業時間を減らすことによって、認可保育園へ入園するときにフルタイムと比べて点数が低く、待機児童の多い地区などでは保育園へ受かりづらかったり、預ける時間が短く(短時間保育)なってしまう場合もあります。

また、正社員と比べると給与が安定せず、社会保険へ加入していないと産前産後休業の手当金を受取ることができませんので、また子どもを欲しいなと思った時に、お金の不安が出てくる事も。

これらのことを考慮しパートタイムで仕事をするのが良いのか、それともフルタイムの方が良いのか、ご自身で判断することがとても大事です。

時短を意識する、家事を手抜き

最近は宅配サービスなども増えてきていて、お買い物や夕ご飯作りなどの時間節約にも一役買っています。

人は、1日に35,000回以上の決断をしていると言われていて、”夕ご飯何にしようかな〜”という、主婦の悩みはその中でも多くの割合を締めることでしょう。

アイコン名を入力

夕ご飯などの選択が減るだけでも日々のストレスは解消され、必要なところにエネルギーを注力できるようになり一石二鳥です!

宅配サービスの一例

Kit Oisix

20分で2食作れて手作り感もある、優れたサービスを提供しているOisix。会員者数が13万人を超えており、安心安全な食材を使用していることから、子育て世代にも人気があります。

食材宅配のヨシケイ

定番のメニューである”プチママ”には、離乳食のとりわけメニューがついてくる小さな子を育てている家庭には、ありがたいサービスがとても魅力的です!

わんまいる

販売実績累計50万食!国産野菜100%の手作りおかずを中心に、ご自宅に居ながら全国のご当地グルメ・専門店の味を1品から楽しめる食のセレクトショップです。

ヨシケイのお試しセット(最大4人用)が家族5人で足りるのか試してみた! 毎日の夕飯作りで、こんなことをお悩みではないですか? 毎日、献立を考えるのが大変手抜きはしたいけどバランスよく食事した...

健康な体があってこその子育てと仕事

仕事や育児をこなすには、日々の生活を無理なく続けることが秘訣です。

無理を続けてしまって、体調を壊すようでは本末転倒ですよね。

自分の体のことや気持ちの部分を思いやり余裕を持った生活を送ることで、子どもや旦那にも優しく接することができるかな、と思います。

また人それぞれ価値観が違いますから、仕事をしていることで精神的に安定する人もいれば、そうじゃない人もいます。

”誰かにこう言われたから自分もこうしなきゃ”、”みんな頑張っているから、もっと頑張らなきゃ”。

そんなことはないです。

自分にあったライフスタイルを見つける』ことが、両立を上手くこなすコツではないでしょうか。